中之島ビーフサンド おかげさまで10周年 新カットでさらに美味しくなりましたPlaceholder image
中之島ビーフサンド おかげさまで10周年 新カットでさらに美味しくなりましたPlaceholder image

おかげさまで「中之島ビーフサンド」は、
発売10年を迎えることができました。
ありがとうございました。

私達は"感謝の気持をカタチに"しようと考え、プロジェクトを立ち上げました。それは「今まで以上に皆様に愛される中之島ビーフサンド」を実現するためのものでした。
試行錯誤を繰り返し、ついに中之島ビーフサンドを超えるビーフサンドを生み出すことができました。

新カットでさらに美味しくなりました 10年目の自信作 リニューアルしました

 

リニューアルした中之島ビーフサンドは、パンやカットに至るまで細部にこだわり、より美味しく、よりボリューム感あるNEW中之島ビーフサンドとなりました。
しかも、カロリーも抑えた逸品です。ぜひ、ご賞味ください。

「こだわり」が味の決めて 

松阪牛を産地から一頭買い

私たちは、創業当時から松阪牛にこだわり、三重県に専任の仕入れ担当を配属し、厳選した松阪牛を数百頭仕入れています。安定して品質の良い松阪牛を手に入れられるのは、長年仕入れ続けてきたからでもあります。 お客様に満足していただける安心・安全の松阪牛を自信を持っておすすめいたします。

Placeholder image

赤身と霜降りのバランスでパテのうまさが決まる

松阪牛100%の中之島ビーフサンドの特徴は、何と言ってもそのパテにあります。松阪肉の上質な霜降り肉と赤身肉を何層にも重ねあげ、旨味をとじ込めます。カツにした時の食感やバランスを考えながら、ひとつひとつ職人の手で仕上げていきます。

Placeholder image

生産者から譲り受けた松阪牛を確実につかう

松阪牛をそれぞれの部位ごとの特長を活かしながら、自社の職人が牛をさばき切ります。 例えば、モモ肉。モモにはいくつかの部位があり、サシの入り方、見た目、味、硬さなど様々です。それを、熟練の職人の技で丁寧にカットし、自社で運営する焼肉店や牛なべ店、ビーフサンド用などに適した切り方でさばいていきます。それぞれの特徴を生かした、丁寧で素早いカットの技術こそが熟練の職人がなせる技。この技が肉の味わいをひきたてます。

Placeholder image

大阪の中之島で誕生した「中之島ビーフサンド」

大阪の中之島で誕生したことから「中之島ビーフサンド」と名付けられ、松阪牛100%のビーフカツをサンドしたカツサンドとして、愛され続けております。発売当初からから変わらぬ製法と、変わらぬ味を守り続け、ひとつひとつ丁寧に作り上げております。これからも、お客様に「おいしい」と喜んでいただける商品をお届けしていきます。

Placeholder image

「歴史」が味の裏付け 

2010年から製造、新大阪店では2012年から販売を開始。

2010年から製造、新大阪店では2012年から販売を開始。そこから早十年。この地で「中之島ビーフサンド」を提供してきました。これもひとえに、多くの方にご愛顧いただいた証。感謝の気持ちでいっぱいです。

当初は、弊社旧店舗の中之島のM&DELIで販売していました。中之島ビーフサンドの前身である、松阪肉100%「中之島バーガー」を販売。お買い求めのための長蛇の列が出来るなど好評を得ました。

その後、JR新大阪駅への移転が決まり、オープンカウンターのカフェ「カフェ・ヌベール」での販売を経て、2010年より新大阪駅構内の仮設店で「中之島ビーフサンド」の販売を開始しました。

2012年8月から現在の新大阪常設店舗での販売となり、新幹線ご利用者をはじめ多くの方々にいつでも召し上がっていただけるようになりました。

Placeholder image

▲販売開始時当時の広告物

Placeholder image

▲JR新大阪仮設店で販売開始

Placeholder image

▲現在の店舗

「より美味しく」味への信念

そして10年。さらなる飛躍を

そして迎える2022年。新大阪店での常設販売から12年経ちました。中之島ビーフサンドは、累計販売総数で250万個(2021年10月での集計)。こんなにも多くの方に食していただき、本当にありがとうございます。
"感謝の気持をカタチにして還元しよう"と、私達は試行錯誤を繰り返し、たどり着いたのがこのNEW中之島ビーフサンドです。

より食べやすく、しかもカロリーオフというすぐれもの。満を持して、皆様にお届けします。ぜひご賞味ください。

より食べやすく カロリーオフ
Placeholder image

10月31日(日)より発売中!!